マッキントッシュ ロンドン(Mackintosh London)が英国老舗7ブランドとコラボレーションした「Great Britain Seven Collection(G.B.7)」を発表。

マッキントッシュ ロンドン(Mackintosh London)が英国老舗7ブランドとコラボレーションした「Great Britain Seven Collection(G.B.7)」を発表。2016年10月6日(木)から10月23日(日)までの期間、日本橋三越本店、高島屋横浜店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、ジェイアール京都伊勢丹などで販売される。

ドレイクス ネクタイ 18,000円+税

マッキントッシュから、長い歴史とその中で培われたものづくりの精神を受け継いだマッキントッシュ ロンドンは、これまでゴム引きのアウターだけではなく、ビジネスからカジュアルまでを網羅する幅広いアイテムをトータルで提案してきた。「Great Britain Seven Collection(G.B.7)」は、マッキントッシュ ロンドンと同様、伝統を継ぎ名品を守り続けてきた、英国を代表する7ブランドと共同製作したコレクションだ。

ターンブル&アッサーのクラシック×モダンなシャツ

ターンブル&アッサー シャツ 39,000円+税

ターンブル&アッサー(TURNBULL & ASSER)は、1885年ジャーミンストリート創業の上流階級向けのシャツブランド。現在では、英国NO.1シャツメーカーとして王侯貴族から政財界、アーティストなど世界の顧客に愛されている。

本コレクションでは、ウィンザー公が愛したスモールシャツカラーモデルを復刻。クラシカルなフォルムにモダンなアクセントとして小ぶりな襟型を採用したこのモデルが、ブルーとホワイトなどの無地に加え、グレンチェックやストライプで登場する。

コーギーの最高峰ニット

コーギー ケーブルニット 140,000円+税

ニットウェアをリードする国と言えば英国。 なかでも最高峰を求めればコーギー(Corgi)の名は間違いなくあげられるだろう。

そんなコーギーが提案するのは、最上級のカシミアの糸を8本も撚り合わせた8PLAYカシミアを採用したソックスとセーター。 心地よい重量感と滑らかな肌触り、無類の暖かさを堪能できる“究極のケーブルニット”と言っても過言ではない。

ロック&コー ハッターズのラビットフェルトハット

ロック&コー ハッターズ ラビットフェルト 49,000円+税

ロック&コー ハッターズ(LOCK & Co.HATTERS.)(通称ジェームズ・ロック)は、チャーチル首相、チャップリン、ダイアナ元皇太子妃、ジョンレノンといった錚々たる面々を顧客にもつ老舗ハットブランド。

本コレクションのために作られたのは、上質なラビットフェルトハット「ボイジャー」をベースにしたアイテム。太めのリボンや広めのブリムでクラシックな仕上がりに。丸めて持ち運べるローラブル仕様なのも嬉しいポイントだ。なお、フォックス&ブラザーズとマーリン&エバンスの高級服地を使用したキャスケットも展開される。

ボウヒル&エリオット シューズ 49,000円+税

なお、そのほかシューズブランドのボウヒル&エリオット、制服用付属品を手掛けるロンドンバッジ&ボタンのなど老舗ブランドが並ぶ。

from https://www.fashion-press.net/news/26421