コーディネートに独創性を!クチュール帽子「カミラフカ」青山に旗艦店

デザイナー古澤正和によるクチュール帽子ブランド、「カミラフカ(KAMILAVKA)」の旗艦店が2014年9月5日(金)に東京・南青山にオープンする。

 

「カミラフカ」は、帽子のオートクチュールと呼ばれる“オートモード”という製法で丁寧に帽子を作り上げる帽子店。クチュール帽子と言われると、フォーマルでエレガントなものが多く、日常的にファッションに取り入れにくい印象も。しかし、「カミラフカ」はクチュールの製法を生かして、あえてカジュアルな帽子を仕立てるから、普段のコーディネートに自然と取り入れやすい。ハンドメイドならではの暖かさが感じられる帽子を提供する。

初の旗艦店となる店内は、北極の風景を連想させる内装。氷山などから発想した形で構成されたクールで直線的、白で染まった雰囲気のインテリアが、コンテンポラリーな雰囲気を醸し出す。まるでアートギャラリーのような店舗で、自分だけの帽子を見つけて欲しい。

from https://www.fashion-press.net/news/12410

クチュール帽子ブランドカミラフカからバッグが登場 – 帽子と共に季節の楽しみを引き出せる一品

 

クチュール帽子ブランドカミラフカ(KAMILAVKA)から、数量限定バッグが登場。2015年4月24日(金)から5月6日(水)まで、カミラフカのショップで開催されるイベント「パックド ザ ハット トゥ バッグ(Packed the hat to bag)」で発売される。

本バッグは、2015年春夏コレクションで発表された帽子と同素材を使用。例えば、帽子と同じマニラ麻で作られた、持ち手の長いトートバッグ。これは新作に登場したセーラーハットからヒントを得た。

デザイナーの古澤正和は今回のバッグ制作について、次のように語っている。「今季の帽子のコレクションは有機的な物を作りたいと思い手を動かしました。帽子と共にこれからの季節の楽しみを引き出せる物は何か、その思いから帽子を作る手法や要素を含ませた鞄を作りました。帽子と鞄を持って、これから来る夏の思い出を作っていただけたら幸いです。」

from https://www.fashion-press.net/news/16647

コーディネートに独創性を!クチュール帽子「カミラフカ」青山に旗艦店

デザイナー古澤正和によるクチュール帽子ブランド、「カミラフカ(KAMILAVKA)」の旗艦店が2014年9月5日(金)に東京・南青山にオープンする。

 

「カミラフカ」は、帽子のオートクチュールと呼ばれる“オートモード”という製法で丁寧に帽子を作り上げる帽子店。クチュール帽子と言われると、フォーマルでエレガントなものが多く、日常的にファッションに取り入れにくい印象も。しかし、「カミラフカ」はクチュールの製法を生かして、あえてカジュアルな帽子を仕立てるから、普段のコーディネートに自然と取り入れやすい。ハンドメイドならではの暖かさが感じられる帽子を提供する。

初の旗艦店となる店内は、北極の風景を連想させる内装。氷山などから発想した形で構成されたクールで直線的、白で染まった雰囲気のインテリアが、コンテンポラリーな雰囲気を醸し出す。まるでアートギャラリーのような店舗で、自分だけの帽子を見つけて欲しい。

from https://www.fashion-press.net/news/12410