CA4LA×タケオキクチ×ハリス・エリオット、ヴィンテージバッジが輝くポークパイハット

CA4LA(カシラ)から、タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)とスタイリスト ハリス・エリオットのコレボレーションハットが登場。2017年12月20日(水)から発売される。

ヴィンテージバッジを飾ったポークパイハット

TAKEO KIKUCHI X HARRIS ELLIOTT X CA4LA FELTHAT 25,000円+税
TAKEO KIKUCHI X HARRIS ELLIOTT X CA4LA FELTHAT 25,000円+税

コラボレーションハットのデザインは、タケオキクチの創始者、菊池武夫が監修。「毎日かぶっている」と公言するほど帽子への思い入れが強い菊池は、ジャズマンやルードボーイの愛用品とされるフェルト帽「ポークパイハット」を起用した。

菊池のリクエストに応えるため、CA4LAは、既存の型ではなく自社工場で起こした新しい型を使用。古き良きスタイルを現代的なシルエットにアップデートした。

仕上げに飾ったのは、ハリス・エリオットがロンドンの蚤の市で見つけ出したピンバッジ。柔らかな風合いのブラックのフェルト生地に、ヴィンテージバッジが映える、ワイルドなオリジナルハットが完成した。

ハリス・エリオットとカシラのコラボ第4弾も

HARRIS ELLIOTT  X CA4LA HAT 9,200円+税
HARRIS ELLIOTT X CA4LA HAT 9,200円+税

トリプルコラボレーションハットの発売に先駆け、ハリス・エリオットとCA4LAの第4弾コラボレーションも登場。ハットとベレーの2種類をラインナップする。

HARRIS ELLIOTT  X CA4LA BERET 9,200円+税
HARRIS ELLIOTT X CA4LA BERET 9,200円+税

それぞれに色も形も異なるヴィンテージのワッペンやバッジを飾りつけ、この世に1つしか存在しないアイテムに仕上げた。

from https://www.fashion-press.net/news/35876

CA4LA×ACIDMANのコラボハット、オリジナルのネームタグをデザインしたユニセックスモデル

CA4LA(カシラ)とロックバンド・ACIDMANのコラボレーションハットが、2018年7月13日(金)に開催されるACIDMANのライブツアー「Λ(ラムダ)」の日本武道館公演にて発売される。


7,500円(税込)

今回は、2009年から続くCA4LAとACIDMANのコラボレーションハット企画の第6弾。ハットは、ギターとボーカルを担当する大木伸夫がステージで使用しているCA4LAオリジナルタイプをモデルに、リボン幅を細めに設計し、ユニセックスで着用できるデザインに仕上げられた。

また、ハット裏のネームは武道館公演の日程が入ったオリジナル仕様に。毎回完売必至のツアーグッズとなっているので、会場に足を運ぶファンは見逃さないで。

from  https://www.fashion-press.net/news/41289

ジャム ホーム メイド×CA4LAのニットキャップ – NASAの素材を利用したオールシーズンモデル

ジャム ホーム メイド(JAM HOME MADE)とCA4LA(カシラ)から、コラボレーションニットキャップが発売される。発売日は2016年7月30日(土)。

今回発売されるのは、オールシーズン対応可能なニットキャップ。NASAのために開発された温度調節素材「OUTLAST」を使用しているこのアイテムは、暑いときには熱を吸収し温度を下げ、寒い時には蓄えていた熱を放熱し温度を上げてくれる。

タグにはジャム ホームメイド 東京店のあるとんちゃん通りのエリア名が刻まれ、ジャムの代表的モチーフ”安全ピン”が添えられている。ベーシックでありつつもエッジも効いたデザインに仕上がっている。

from https://www.fashion-press.net/news/25100

CA4LA×MHL.コラボハット&キャップ、ミリタリー着想のシンプルデザイン

CA4LA(カシラ)は、マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)のカジュアルライン「MHL.(エムエイチエル)」とコラボレーションアイテムを制作。2018年7月上旬より、CA4LA全店舗(アウトレットを除く)で発売を予定している。

登場するのは2モデル。一つは、前後のプリムの長さが異なるアシンメトリーなデザインのハット。もう一つは、日除け用のネックカバーがついたキャップだ。

どちらにも共通するのは、ミリタリーから着想したデザインであること。そしてMHL.のオリジナルファブリックであるヤーン ダイ ツイル(YARN DYE TWILL)を取り入れ、製品洗いをかけて上品なアタリが出るように加工をした。

カラーは上品なネイビー。シンプルなデザインなのでシーンを選ばず活躍してくれそうだ。

from https://www.fashion-press.net/news/40824