イッセイ ミヤケの帽子“オービット”に着目したイベント「ウィンドスケープ」が大阪&東京で開催

イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)のイベント「ウィンドスケープ(Windscape)」が開催。阪急うめだ本店にて、2015年4月1日(水)から4月7日(火)まで展開されるのを皮切りに、伊勢丹新宿店、ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / GINZAにも登場する。

風が描く景色にインスパイアされ、発表された、イッセイ ミヤケの2015年春夏コレクション。先シーズン登場した3Dスチームストレッチは、曲線から面へと形をかえ、より立体的なファブリックへと進化した。

 

なかでも、惑星の軌道から着想を得て「オービット」と名付けられた帽子シリーズは、この素材を活用して生まれた、新しいアクセサリーだ。ハリと艶のあるファブリックで、立体的なフォルムを生み出す「オービット」は、日常の様々なシーンで活躍してくれそう。

本イベントでは、「オービット」を主軸にアーティスト三嶋りつ惠のグラスワークスが加わり、上記3店舗のみの特別な空間を堪能できる。また、ウィンドスケープ オリジナルのアイテム5種に加え、阪急うめだ本店、伊勢丹新宿店の各店でしか手に入らない限定デザインも販売される。

from

https://www.fashion-press.net/news/16112

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です