カラフルな自分だけのハットを – パリ帽子ブランドのラ・スリーズ・シュ・ル・シャポー、セミオーダーイベント開催

帽子ブランドのラ・スリーズ・シュ・ル・シャポー(La cerise sur le chapeau)が、TOMORROWLAND 渋谷店にてセミオーダーイベントを行う。期間は2月15日(金)~2月24日(日)で、価格は¥24,150から。

パリの人気帽子ブランドで、日本でも「世界!弾丸トラベラー」などのTV番組で取り上げられるなど人気上昇中のラ・スリーズ・シュ・ル・シャポー。パリのショップでは、帽子の型とリボンを選んでもらい、デザイナーが縫い付けてその場で渡すスタイルをとっている。このイベントでも2月15日~2月17日の期間、デザイナーCeriseとアシスタントが来日し、パリと同じスタイルで帽子をオーダーできる。それ以降の期間は、後日商品が届くシステムだ。

ハットはメンズサイズを加えた3サイズを用意。中折れハットはラフィア14色、フェルト13色、つば広ハットはラフィア5色、リボンは大が21色で小が18色が揃い、ハットとリボンを好みに合わせて組み合わせることができる。

自分好みのハットが作れる、またとないチャンス。カラフルなハットで、春を先取りしてみてはいかがだろう。

from https://www.fashion-press.net/news/5969

ヘレンカミンスキー×佐々木敬子 – 極上のウールと色味が魅力の2種類のハット

ヘレンカミンスキー(HELEN KAMINSKI)から、スタイリスト佐々木敬子とのコラボレーション コレクションの第2弾が登場。2016年10月3日(月)より、ヘレンカミンスキー 表参道ヒルズ店 東京ミッドタウン店にて販売される。

広告や雑誌など幅広いジャンルのスタイリストとして活躍する佐々木敬子。話題のコレボレーション第2弾となる今コレクションでは、メンズライクなフェドーラハット<KESHA>とボーターハットの<CARREN>の2型で展開する。

广告
inRead invented by Teads

 
左)KESHA アッシュパープル/モーヴ 36,000円+税、左)CARREN バーチ/シルバー 36,000円+税

アイテムは、厳選された素材と職人技により、絶妙な色合いとなめらかな肌触りを実現。羊から刈り取った極上の柔らかいウールのみを染色することで、独自の色味を生み出した。こっくりとした帽子の質感にもぴったりとマッチするカラー。大人らしい女性の魅力を最大限に引き出してくれる。

さらに、染色後はフェルト状に縮重仕上げすることで、柔らかくさらっとした被り心地を実現。秋冬のスタイルにしっくりとなじむデザインも魅力だ。

from https://www.fashion-press.net/news/26297

CA4LA×タケオキクチ×ハリス・エリオット、ヴィンテージバッジが輝くポークパイハット

CA4LA(カシラ)から、タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)とスタイリスト ハリス・エリオットのコレボレーションハットが登場。2017年12月20日(水)から発売される。

ヴィンテージバッジを飾ったポークパイハット

TAKEO KIKUCHI X HARRIS ELLIOTT X CA4LA FELTHAT 25,000円+税
TAKEO KIKUCHI X HARRIS ELLIOTT X CA4LA FELTHAT 25,000円+税

コラボレーションハットのデザインは、タケオキクチの創始者、菊池武夫が監修。「毎日かぶっている」と公言するほど帽子への思い入れが強い菊池は、ジャズマンやルードボーイの愛用品とされるフェルト帽「ポークパイハット」を起用した。

菊池のリクエストに応えるため、CA4LAは、既存の型ではなく自社工場で起こした新しい型を使用。古き良きスタイルを現代的なシルエットにアップデートした。

仕上げに飾ったのは、ハリス・エリオットがロンドンの蚤の市で見つけ出したピンバッジ。柔らかな風合いのブラックのフェルト生地に、ヴィンテージバッジが映える、ワイルドなオリジナルハットが完成した。

ハリス・エリオットとカシラのコラボ第4弾も

HARRIS ELLIOTT  X CA4LA HAT 9,200円+税
HARRIS ELLIOTT X CA4LA HAT 9,200円+税

トリプルコラボレーションハットの発売に先駆け、ハリス・エリオットとCA4LAの第4弾コラボレーションも登場。ハットとベレーの2種類をラインナップする。

HARRIS ELLIOTT  X CA4LA BERET 9,200円+税
HARRIS ELLIOTT X CA4LA BERET 9,200円+税

それぞれに色も形も異なるヴィンテージのワッペンやバッジを飾りつけ、この世に1つしか存在しないアイテムに仕上げた。

from https://www.fashion-press.net/news/35876

CA4LA×ACIDMANのコラボハット、オリジナルのネームタグをデザインしたユニセックスモデル

CA4LA(カシラ)とロックバンド・ACIDMANのコラボレーションハットが、2018年7月13日(金)に開催されるACIDMANのライブツアー「Λ(ラムダ)」の日本武道館公演にて発売される。


7,500円(税込)

今回は、2009年から続くCA4LAとACIDMANのコラボレーションハット企画の第6弾。ハットは、ギターとボーカルを担当する大木伸夫がステージで使用しているCA4LAオリジナルタイプをモデルに、リボン幅を細めに設計し、ユニセックスで着用できるデザインに仕上げられた。

また、ハット裏のネームは武道館公演の日程が入ったオリジナル仕様に。毎回完売必至のツアーグッズとなっているので、会場に足を運ぶファンは見逃さないで。

from https://www.fashion-press.net/news/41289

WEGO×「美少女戦士セーラームーン」セーラー戦士Tシャツや”ルナ”刺繍のキャップ&クリアバッグ

WEGO(ウィゴー)から「美少女戦士セーラームーン」とのコラボレーションTシャツ&グッズが登場。2019年4月27日(土)より、全国約140店舗のWEGO店頭で発売される。


セーラー戦士ボックスプリントTシャツ 2,990円+税

WEGOと「美少女戦士セーラームーン」のコラボレーションでは、セーラー戦士や猫のルナなどをモチーフにしたTシャツ4型、キャップ1型、バッグ1型を展開。

Tシャツには、スーパーセーラームーン、スーパーセーラーマーキュリー、スーパーセーラーマーズ、スーパーセーラージュピター、スーパーセーラーヴィーナスなどセーラー10戦士をボックスプリントでデザインしたタイプや、セーラー5戦士のセリフを胸元に英字刺繍したタイプなどを用意。セーラー戦士に着想したこの2型は、柔らかなテキスタイルとゆとりのあるビッグシルエットを採用し、着心地の良いアイテムに仕上げている。


ルナワンポイント刺しゅうTシャツ 2,990円+税

ルナをモチーフにしたTシャツも登場。胸元にルナと三日月のワンポイント刺繍を施したデザインはホワイトとネイビーの2色を、”ルナPボール”を刺繍したデザインはホワイトとライトピンクの2色を展開する。


ルナプリントクリアウエストバッグ 2,990円+税

ローキャップとクリア素材のウエストバッグにも、ルナと三日月のワンポイント刺繍をオン。同じデザインをあしらったTシャツと一緒にスタイリングすれば、セットコーデを楽しむことができる。

from https://www.fashion-press.net/news/49013

Y’s×ニューエラ、マニッシュな白黒の「9THIRTY」キャップ&ロゴをあえて隠したサコッシュ

Y’s(ワイズ)は、ニューエラ(NEW ERA)とのコラボレーションモデル最新作のキャップやバッグなど4型を、Y’s全店、ニューエラ ストアなどで2019年2月8日(金)に発売する。

 
Y’s x New Era 9THIRTY  8,500円+税

今回登場するのは、Y’sの服のスタイルや要素をシンプルに解釈し表現したモデル。ブラック×ホワイトのコントラストが際立つ、マニッシュでユニフォームライクなデザインに仕上げている。サイズ調節が可能な「9THIRTY」キャップには、肌触りの良いコットン生地が採用されている。


Y’s x New Era Sacoche 9,000円+税

また、ロゴをあえて隠したサコッシュやショルダーバッグ、コンパクトなホワイトのロゴをフロントに配したスウェットパーカーも展開する。

from https://www.fashion-press.net/news/46700

グラウンド ワイ×レッド スパイダー×ニューエラ第2弾、ロゴ配した黒キャップやアウター

ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)が展開するグランドワイ(Ground Y)の2019年春夏コレクションより、レゲエサウンド「レッドスパイダー(Red Spider)」とニューエラ(NEW ERA)とのトリプルコラボレーション第2弾が登場。2019年3月21日(木)より、グラウンド ワイ直営店、オンラインサイトにて発売される。


Sweat Pullover Hoodie、Coach Jacket 20,000~28,000円+税

2018年に行われたコラボレーション第1弾に続く第2弾では、ニューエラのキャップ「9FIFTY」と「9THIRTY」のコットン1型、そしてフーディーとジャケットの計4点が展開される。


9THIRTY(コットン1型) 10,000円+税

黒を基調としたアイテムには、「レッドスパイダー」が展開するアパレルブランド「アムーダーズ(AH MURDERZ)」の”AM”ロゴを採用し、白と赤を用いて互いのロゴデサインを融合させた。どれもグラウンド ワイならではのモード感と、レッドスパイダーのユニークさを活かしたコレクションに仕上がっている。

from

https://www.fashion-press.net/news/47465

コーディネートに独創性を!クチュール帽子「カミラフカ」青山に旗艦店

デザイナー古澤正和によるクチュール帽子ブランド、「カミラフカ(KAMILAVKA)」の旗艦店が2014年9月5日(金)に東京・南青山にオープンする。

 

「カミラフカ」は、帽子のオートクチュールと呼ばれる“オートモード”という製法で丁寧に帽子を作り上げる帽子店。クチュール帽子と言われると、フォーマルでエレガントなものが多く、日常的にファッションに取り入れにくい印象も。しかし、「カミラフカ」はクチュールの製法を生かして、あえてカジュアルな帽子を仕立てるから、普段のコーディネートに自然と取り入れやすい。ハンドメイドならではの暖かさが感じられる帽子を提供する。

初の旗艦店となる店内は、北極の風景を連想させる内装。氷山などから発想した形で構成されたクールで直線的、白で染まった雰囲気のインテリアが、コンテンポラリーな雰囲気を醸し出す。まるでアートギャラリーのような店舗で、自分だけの帽子を見つけて欲しい。

from https://www.fashion-press.net/news/12410

イッセイ ミヤケの帽子“オービット”に着目したイベント「ウィンドスケープ」が大阪&東京で開催

イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)のイベント「ウィンドスケープ(Windscape)」が開催。阪急うめだ本店にて、2015年4月1日(水)から4月7日(火)まで展開されるのを皮切りに、伊勢丹新宿店、ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / GINZAにも登場する。

風が描く景色にインスパイアされ、発表された、イッセイ ミヤケの2015年春夏コレクション。先シーズン登場した3Dスチームストレッチは、曲線から面へと形をかえ、より立体的なファブリックへと進化した。

 

なかでも、惑星の軌道から着想を得て「オービット」と名付けられた帽子シリーズは、この素材を活用して生まれた、新しいアクセサリーだ。ハリと艶のあるファブリックで、立体的なフォルムを生み出す「オービット」は、日常の様々なシーンで活躍してくれそう。

本イベントでは、「オービット」を主軸にアーティスト三嶋りつ惠のグラスワークスが加わり、上記3店舗のみの特別な空間を堪能できる。また、ウィンドスケープ オリジナルのアイテム5種に加え、阪急うめだ本店、伊勢丹新宿店の各店でしか手に入らない限定デザインも販売される。

from

https://www.fashion-press.net/news/16112

coeur(クール)デザイナー上田道子(Michiko Ueda)による新メンズハットブランド「ニヴァーノイス(nivernois)」が2016年春夏コレクションよりスタートする。

 

coeur(クール)デザイナー上田道子(Michiko Ueda)による新メンズハットブランド「ニヴァーノイス(nivernois)」が2016年春夏コレクションよりスタートする。

コンセプトは”自由な発想で楽しむ現代の帽子”。ブランド名となる「nivernois」とは1770年代、中世の紳士たちの間に流行した小型三角帽子の総称。当時、ファッションに欠かせないアイテムだった帽子。様々なデザインに溢れ、日常的にスタイリングを楽しんだ中世の紳士のようにスタイリングが楽しめるハットを提案していく。

デザイナー・上田道子(Michiko Ueda)は、平田暁夫(オートクチュールの帽子デザイナー)に師事。平田暁夫のもとで、オートクチュールの技術を習得する。その後独立し、1995年に「coeur(クール)」を設立。2011年、アトリエを新天地である大阪に移転。2014年、大阪淀屋橋の芝川ビルにショップ兼アトリエ「シャポリエ クール」をオープン。

from https://www.fashion-press.net/news/20947